FXぶはまったのは1年間

私がFXにはまっていたのは1年間です。というより、1年間で終わらせました。
まだFXという言葉がそんなに世間で話題になっていなかった頃から外貨貯金などにもとても興味がありました。
資料を取り寄せていたりもしたのですが、結婚が決まり、その後転勤になったり出産があり、とバタバタしているうちにそんな思いもどこかに消えてなくなっていました。
子供が手を離れて落ち着いた頃にFXの存在を知りました。
とても興味がわいてどうしてもやってみたかったので、まず参考本を2冊ほど買って勉強しました。
幸い主人も賛成してくれたので思い切って始めてみることにしました。
最初の数カ月はカンが冴えていたとしか言いようがないのですが、面白いほど儲かり、やってみて本当に良かったと思いました。その後、経済指標の見方や、朝のニュースのトピックスなどを見ていろんなことを考えてするようになると、含み損を抱えるようになってしまい、慌てて足を洗うことにしたのです。