私がFXを始めた頃のやり方

私はFXを始めて4年ぐらいになります。私が最初FXをやりだしたのはリーマンショックのちょっと前であり、全く右も左もわからずに始めた私は、ほぼ勘頼みか誰かのブログの受け売りのような取引をしていました。それでもビギナーズラックというのか、勝ったり負けたりを繰り返しながらも、トントンぐらいな成績でした。

 

そこへリーマンショックが起きました。それまでサブプライムローン問題についての話などは書籍やブログなどで見てある程度は知っていましたが、リーマンショックはそんなものではありませんでした。恐ろしい勢いで下げ続ける相場に対して、もう上がるもうそろそろ上がると逆張りしては損を出すの繰り返しでした。ただ、無理にポジションを引っ張り続けることだけは、それまでの知識で致命傷になるとわかっていたので、損きりを徹底できたことは唯一といっていい収穫でした。今でも私のFXを続けられる信条はとにかく生き残ることであり、資金を枯渇させないことです。そのために大切なことが損きりを徹底するということです。