FXの3つのリスクとは

FXには大きく分けると、「相場変動リスク」「システムリスク」「レバレッジリスク」があります。FX投資をするにあたって、リスクをしっかり説明する証券会社等を選んで取引しましょう。

 

まず相場変動リスクですが、相場の変動によってリスクを被らない為にストップロス(損切)の契約を必ずします。次に、システムリスクです。これは相場が荒れた時に発生します。取引する証券会社のシステムがダウンしないことが大切です。ダウンすると損切が出来ない場合があります。強固なシステムを持つ証券会社と取引するべきでしょう。  

 

最後にレバレッジリスクです。FXはレバレッジにより最高25倍まで手元の現金より多くの取り引きをすることができます。少ない資金で多く儲けることができます。ストップロスを確実にできるようになるまではレバレッジは小さくして取引するべきでしょう。証券会社によっては、自動ストップロス注文ができます。