FXの代表的な手法

FXには代表的な2種類のトレードスタイルがあります。一つは短時間に何度も取引を繰り返して利益を上げるスキャルピングという手法です。スキャルピングは短い時間に注文と決済を繰り返すので短時間に大きな利益を上げることができます。しかし、その分トレードするチャンスを逃さないためにチャートにつきっきりになり他の予定を入れることができなかったりと自分の時間を有効に使うことができないというデメリットもあります。
もう一つはスイングトレードという手法です。これは長めの時間足を基準にしてエントリーポイントを決めて一回のトレードで得られる利益の幅を大きくする物です。これならスキャルピングのように機会損失を避けるためにチャートに付きっきりにならなくていいというメリットがあります。しかし、これから相場がどう動いていくのか的確に予想する必要があるためFXの知識だけでなく実際にトレードした経験も必要になるので素人には真似することが難しいというデメリットもあります。