FX取引は2社以上でしましょう

FX取引する場合、取引の証券会社等は最低2つに分けて売買するのが良いでしょう。その1番の理由は、リスク目的です。そのリスクとは、為替相場の急激な変動で取引が集中した時やハッカーなどによってシステムがダウンするケースも予想されます。その時には思うように取引が出来ずに、例えば損切などが出来ず多額の損失を被ることがあります。すべての資金を1社に集中させていると、リスクが大きくなります。リスクを分散する意味で2社に取引を分けるわけです。  

 

もう1つは、FX業者にも得意部門、不得意部門があるということです。最初は分からないかもしれませんが、分かってくれは取引証券会社などを分けるべきでしょう。プロのトレーダーは、「通常のトレード会社」「長期トレードの会社」「システムの強い会社」「情報に強い会社」に分類して利用しているようです。スワップポイントが高いから有利と惑わされずに、長期的に取引する目でFX業者を判断しましょう。