FXってどんな取引?

アベノミクスの影響なのか、最近ニュース等で株や不動産投資など、投資に関する関心を持つ人が増えて来ました。
この機会に実際に株の取引をする人もいると思いますが、その際に株に関する情報を集めていると「FX」という単語を目にすることがあると思います。FXって何?と思った人のために、今回はFXについて簡単な説明をしたいと思います。
FXとは、「外国為替証拠金取引」のことで、今皆さんが持っている日本円と外国のお金に両替する取引です。お金を交換するだけで儲けられるの?と思う方もいると思います。
外貨も株と同じで時価があり、その価値は1秒以下の単位でめまぐるしく変わっています。つまり株と同じく外貨が安い(円高)時に買って、高くなってから(円安)売ればその差額が自分の利益になります。
じゃあ円安に向かっている今の時期はFX取引は不利だと思っている方、FXは株で言う信用取引と同じく担保で売買しているので、買いだけでなく売りから入ることもできます。
つまり、高い外貨(円安)を売って、安くなった外貨(円高)を買うことも可能なのです。
また、少ない金額を担保に大きな金額の取引も行えるので、資金の少ない初心者にも人気が高いです。

FXをやる上で大切なこと

最近はFXをするという方が増えました。FXは24時間取引が出来るので、時間が限られている社会人の方に人気があるようです。また、お小遣い稼ぎにFXをやるという主婦の方も増えているようです。このようにFXは今注目の投資ですが、適当にやっても儲けを出すことは出来ないでしょう。

 

FXをやる上で大切なのは経済ニュースに敏感になり、今のFX市場がどのような動きをしているかを把握することです。どのような経済の動向に市場が左右されるのかを理解しておくと、その後の市場の動きを予想することも出来るようになってきます。逆に市場の動きを予想できないと儲けを出すことは難しいですし、損失を出してしまう可能性は高くなってしまいます。

 

FXをやるという方は、しっかりと経済に関する勉強をして、日々の経済の動向に敏感になっておく必要があるでしょう。

管理人が推奨するFXサイト

FXの口座開設
FXのメリットやデメリット、経済の必須知識、レバレッジの利点などを経験者の目から解説している便利なFXサイトです。